Interviewer Introduction 面接官紹介

宇野 圭祐

宇野
キャッチ:
いつも自然体の癒やしキャラリーダー
メッセージ:
転職を迷っている人、漠然と不安な人も相談においで!
年齢:
41歳
業務歴:
15年
得意分野:
Java、VB。
趣味:
ゴルフ。
ぼちぼちですが8年、続いています。
最近の興味:
パンづくり(パン屋を開きたいほど好き)

インタビュー

―― 面接官としての抱負を聞かせてください

転職の目的や挑戦したい仕事がハッキリしている人は、僕以外のメンバーを選んだ方がいいかもしれません。マニアックな技術の話とかあまり得意じゃないですし(笑)
私が会いたいのは、転職するかどうか悩んでいるような人なんです。

―― まだ、前の会社を辞める決心がついてない人でもOK?

はい。私がドリームジャックに転職した時がそうだったんです。不満は特になかったし、転職したい理由があったわけではない。でも、「このままでいいのかな」という思いがチラッと浮かんでいる段階でした。そこでたまたま、以前の上司だった人が独立するから来ないかと言われて、転職したら大正解! 環境が変わって大きく成長できたし、経営会議に参加して初めて「自分は経営的なことを勉強したかったんだ」と気づいた‥。
変わってみないとわからないことってあるんですよ。あの時の自分のように、なんとなく迷いを感じている人の背中を押せたらいいなと思っています。

―― じっくり話を聞いたあげく、「やっぱり転職はやめます」と言われるかも。

それはそれで仕方ないです。今は無理でも、いつかウチに来てくれるかもしれません。 面接を担当した経験はあまりないので、色々な技術者と話ができることを純粋に楽しみにしています。だから、「迷っている段階で連絡するのは悪い」という遠慮は要りませんよ。

―― ドリームジャックの魅力について語ってください。

毎月、経営会議があって、誰でも参加できて、会社の将来に関われることが一番の魅力だと思います。技術者としては、誰かが整えてくれた環境で働くほうが楽だけれど、そのまま年を重ねて大丈夫なのか‥。僕が転職前に感じていた不安の正体はこれだったんです。
経営に関わるのは面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、この会社には、なんとなく自然に参加できるような仕組みや雰囲気があるんです。
発展途上の会社だということも魅力です。既にできあがっている組織を壊すのは大変ですが、当社はまだまだ固まっていませんからね。

―― 将来の夢は?

パン屋になること。パン屋か飲食店を開きたい。ドリームジャックで飲食事業ができたらいいなと本気で考えてます。そういう展開もあり得る会社だというところが気に入っています。
宇野
採用に応募する