DREAM JACK

選べる!面接官の紹介INTERVIEWER

選べる面接官をご紹介します

横地 慶之

YOKOCHI YOSHIYUKI

ちょっとでも興味を感じたら、今すぐ連絡ください!

横地 慶之

このページを読んでいるということは、少しでもドリームジャックに興味を感じたということですよね。 すぐメールください!ブクマとか「検討中」とかに入れずに、その日のうちにアプローチして欲しいです。 できればオフィスに来て、雰囲気を感じて欲しいですけど、無理なら都合の良い場所まで僕が出向きますから。そして、この会社の魅力について、いっぱい語らせてください!

横地 慶之

くだらないことが大好きなんですね。
はい。
気がつくとくだらないことばかり考えています。
たまに、そこから何かビジネスに繋がるようなことであったり、なるほど!っと思うようなことであったりと何か得ることがあるんですよ。だから、くだらないことが大事なんです。
ドリームジャックが好きなんですね。
好きです。最初は鉄工業界に勤めて、IT業界に転職したんですが、色々としんどくて鉄の世界に戻ろうと考えていた時、以前の上司に誘われてドリームジャックに来ました。恩があった人だし、「ITでもう少し頑張れ」というお告げかなと思って…。
転職してみたら想像以上に活躍してる自分がいて、技術者としてもリーダーとしても成長している実感があります。何か、やる気を起こさせる雰囲気がある会社なんです。若手が経営に参加できるのも魅力です。 社長のビジョンがハッキリしているから、こちらも迷いや不満を感じることなく仕事に集中できます。社長の考えに反対することもあるんですよ。時々、突飛なことを考える人なので、みんなで慌てて止めたことも何回か(笑)。
どんな人に来て欲しいですか。
技術力があればもちろん嬉しいですが、それより大切なのは、コミュニケーション能力ですね。別に話が上手な必要はなくて、クライアントやチームの仲間が話しかけやすい雰囲気が大切だと思います。ライバル会社の技術者とも仲良くなってしまうような人が理想です。
リーダーとしての自分をどう思いますか。
まだ前面に立って引っ張っていける力はないので、一緒になって考えたり、後ろからサポートするのが僕の役目だと思います。もともと裏方が好きなタイプなので、メンバーの様子をよく見て、さりげなくフォローしたりとか、けっこう得意だと自分では思ってます。僕はドリームジャックが大好きですが、ドリームジャックの色を押しつけることはありません。 会社の色は全員で決めていくものだし、変化して当然だと思います。だから、『一緒に、面白い会社を作ろうぜ!』って感じですね。
では、応募者にメッセージを。
このページを読んでいるということは、少しでもドリームジャックに興味を感じたということですよね。すぐメールください!ブクマとか「検討中」とかに入れずに、その日のうちにアプローチして欲しいです。 できればオフィスに来て、雰囲気を感じて欲しいですけど、無理なら都合の良い場所まで僕が出向きますから。 そして、この会社の魅力について、いっぱい語らせてください!

次のコンテンツ宇野 圭祐