DREAM JACK

選べる!面接官の紹介INTERVIEWER

選べる面接官をご紹介します

宇野 圭祐

UNO KEISUKE

転職するかどうか悩んでいるような人と会いたい

宇野 圭祐

転職の目的や挑戦したい仕事がハッキリしている人は、僕以外のメンバーを選んだ方がいいかもしれません。マニアックな技術の話とかあまり得意じゃないですし(笑)私が会いたいのは、転職するかどうか悩んでいるような人なんです。

宇野 圭祐

まだ、前の会社を辞める決心がついてない人でもOK?
はい。私がドリームジャックに転職した時がそうだったんです。不満は特になかったし、転職したい理由があったわけではない。でも、「このままでいいのかな」という思いがチラッと浮かんでいる段階でした。そこでたまたま、以前の上司だった人が独立するから来ないかと言われて、転職したら大正解! 環境が変わって大きく成長できたし、経営会議に参加して初めて「自分は経営的なことを勉強したかったんだ」と気づいた‥。
変わってみないとわからないことってあるんですよ。あの時の自分のように、なんとなく迷いを感じている人の背中を押せたらいいなと思っています。
じっくり話を聞いたあげく、「やっぱり転職はやめます」と言われるかも。
それはそれで仕方ないです。今は無理でも、いつかウチに来てくれるかもしれません。 面接を担当した経験はあまりないので、色々な技術者と話ができることを純粋に楽しみにしています。だから、「迷っている段階で連絡するのは悪い」という遠慮は要りませんよ。
ドリームジャックの魅力について語ってください。
技術力があればもちろん嬉しいですが、それより大切なのは、コミュニケーション能力ですね。別に話が上手な必要はなくて、クライアントやチームの仲間が話しかけやすい雰囲気が大切だと思います。ライバル会社の技術者とも仲良くなってしまうような人が理想です。
将来の夢は?
パン屋になること。パン屋か飲食店を開きたい。ドリームジャックで飲食事業ができたらいいなと本気で考えてます。そういう展開もあり得る会社だというところが気に入っています。

次のコンテンツ黒阪 智史