DREAM JACK

選べる!面接官の紹介INTERVIEWER

選べる面接官をご紹介します

川幡 康男

KAWABATA YASUO

東京を盛り上げていきたい

川幡 康男

3年前に東京第一号社員として入社しました。 東京は平均年齢30歳以下の若い組織のため、新しいこと・面白いことを積極的に取り組んでいきたいと考えています。 経験は浅くとも勢いとやる気のある方大歓迎です!
もちろんベテランエンジニアの方も大歓迎です!!

川幡 康男

ドリームジャックに入社した経緯は?
高校時代からの友人でもある、マネージャーの塚井さんから誘っていただき入社しました。
面接した時点では、業界については無知であったため、面接で『エンジニアって何する仕事なんですか?』というレベルでした…。
今思うと、東京の第一号社員でよく採用してくれたな、と思います(笑)
どんな人に来て欲しいですか。
東京はまだ少人数なので、組織を大きくするということに興味がある方大歓迎です。
また、面白い提案があれば、どんどん取り入れていきたい(仕事でも遊びの企画でも)ので、遠慮せずなんでも話せる方と一緒に仕事ができればと思います。
技術者として心がけていることは?
『出来ない、わからない』を極力言わないように心がけています。
私自身、まだ経験やスキルが未熟ですが、かならずどうすればできるか、検討した上でお客様と相談するようにしています。
負けず嫌いなので、出来ません、わかりませんって言いたくないんですよね(笑)
わからなければ、ネットで調べまくってでもやり方を探します。
そうすることで、新しい知識や技術が身についてきたので、今後も続けていこうかと思います。
ドリームジャックの魅力について語ってください。
やはり風通しがいいところが最大の魅力だと思います。
なにか相談したいことがあれば、話を聞いてくれるマネージャーばかりです!
もちろん出来ること、出来ないこともありますが、社員の皆様と会社双方にとってプラスになるよう進めていきます。

次のコンテンツ選べる面接官一覧へ